中山陶和堂リノベーションプロジェクト

佐賀県有田町にある焼き物屋さん『中山陶和堂』をリノベーションしていく素人集団の珍道中を綴ります。

コネル、クラウドファンディングに挑戦!

皆さま!!
コネルは7月19日より、クラウドファンディングに挑戦しております!!!

 
f:id:arita-renovation:20170720165701p:plain
【有田焼を未来へ。移住者と地域を繋ぐ、陶芸アトリエつきシェアハウスをつくりたい!】
https://camp-fire.jp/projects/view/36604

 

今年の6月4日にシェアハウスのオープンイベントを開催し、現在はアトリエのリノベーションに着手。棚やパーテーションづくりなど、順調に進むことができています。
 
しかし、1か所、問題が発生しました。
アトリエには水回りが必須ということで、その工事に70万円近い費用がかかってしまうということです。できる限り安い家賃設定をしている中で、この費用をねん出することがなかなか難しく、また、これから陶芸の道具を揃えるために更なる費用がかかることが予想されます。そこで、やむなくクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。 
 

f:id:arita-renovation:20170720165940j:plain


なお、リターンについては、中山陶和堂はじめ、私の活動に日頃より多大なるご協力を頂いている方々の商品を揃えました。オリジナルグッズもいくつか準備しました。

f:id:arita-renovation:20170720165817p:plain

f:id:arita-renovation:20170720165907j:plain

f:id:arita-renovation:20170720165845j:plain

わたしは、『コネル』ができることで、有田、特に内山地区がもっと楽しく暮らせるまちに変わっていく第1歩になることを信じています。
共感して頂ければ幸いです。
 
佐々木 元康

f:id:arita-renovation:20170720170013j:plain

究極のセルフリノベーション研修(前編)

毎日ホントあついっすねー!(;´・ω・)
先週からぐぐっと寝苦しくなった有田町です。

さて、7/11(火)から4日間にわたる、『究極のセルフリノベーション研修』が終了しました。


どこにも全然レポってないので、ここでしっかり記録します!!

まず、11日を迎える前の話から。

 

今回のアトリエリノベーションを実施するにあたり、事前に、どんなアトリエにしていくのかを考えておく必要がありました。

しかし、当然僕にはそんな力はありません。
DIYリーダーのはっしーも、アトリエをデザインするのは難しい。

ということで、急きょ仲間に入ってくれたのが、佐賀大学大学院で建築を学ぶ超スーパー好青年ゆうまくん!!

f:id:arita-renovation:20170719151521j:plain

安武ゆうま君は、学部生時にも有田をテーマに卒業論文をつくったほどの有田ツウ。

今回はコネルのアトリエデザイナーとして、関わってくれることになりました。

 

そして、研修のために鳥取からわざわざ来てくれた、パーリー建築宮原翔太郎くん

f:id:arita-renovation:20170719152843j:plain

もう、最高のアトリエになるに違いないパーティーが出来ました。

 

そして週1回のSkypeミーティングを重ね、ゆうま君が作ってくれたのがコレです。

f:id:arita-renovation:20170719152439j:plain

 

f:id:arita-renovation:20170719152522j:plainうおおおおー!
プロの仕事やあー!!

綺麗なイラストだけでなく、模型まで、、めちゃくちゃわかりやすいです。

始める前の様子がコレ↓

f:id:arita-renovation:20170719153104j:plain

模型はここからどう変わっているかというと、

①周囲を囲む飾り棚が撤去されている。

②室内に棚兼パーテーションが出来ている。

③ろくろや作業台が設置されている。

という変化です。
この状況を、リノベ研修でどこまでやれるか!ということになりました。

というわけでスタート、、の前に。

床のカーペットを剥いで、コーティングすることになりました。
あっさり終わると舐めていましたが、これがなかなかハードで。。
はっしーや皆さんと直前の7/7(金)と10(月)の2日間で、ギリギリでできました。

f:id:arita-renovation:20170719153543j:plain

f:id:arita-renovation:20170719153612j:plain

ちなみに、通常、工場などの床にも使用される「水系ボウジンテックス」を使用しました。初めて、ホームセンターではなく塗料屋さんで買い物しました。

 

さて、いよいよ研修スタート!!

f:id:arita-renovation:20170719153817j:plain

初日7/11(火)は、30名ほどの方々に来て頂きました。

自己紹介をし、ラジオ体操を済ませて、作業開始!

f:id:arita-renovation:20170719153940j:plain

みんなで周りを囲んでる飾り棚を壊す作業からやりました。

この飾り棚、しっかり部屋に固定されています。コンセントもついていますので、ただ壊せばいいわけではありません。むしろ、きれいに壊して再利用するのがパーリー建築スタイルです。

午後イチで、翔太郎くんによる講演会をコネルのシェアハウススペースで開催しました。

f:id:arita-renovation:20170719154845j:plain

f:id:arita-renovation:20170719155139j:plain

f:id:arita-renovation:20170719155202j:plain

f:id:arita-renovation:20170719155241j:plain

f:id:arita-renovation:20170719155308j:plain

パーリー建築は、名前のとおり、パーティーを繰り返しながら建物をリノベしていくんですが、そこには深い信念があります。

やはり、彼はわたしの師匠です。

 

そして、午後も作業をがんばり、最後はパーリー建築恒例の『チア立ち』!

f:id:arita-renovation:20170719155519j:plain

見るだけで思わず元気が出るポーズです。

そして、懇親会へ。ここにもたくさん来てくれました!ありがとう!!

f:id:arita-renovation:20170719155621j:plain

長い研修は、最高のスタートを切りましたとさ!(続く)

究極のセルフリノベーション研修を開催します

f:id:arita-renovation:20170701002140j:plain

 

まだリリースOKになっていませんが、ここだけでこっそりお伝えします。

 

■『パーリー建築』、佐賀へ来たる…!■
 
「パーリー建築」を知っていますか?
 
全国をパーティーしながら空き家をセルフリノベーションして回っている超絶クレイジー集団です。
 
これまでに、新潟県十日町市宮城県山元町など、全国各地の空き家を人が集まるスポットに変えてきました。
 
そんな彼らと、有田町地域おこし協力隊の佐々木が出会ったのは、2016年8月の「第11回リノベーションスクール@北九州」。
たったの3日間で、空き家と空き地だった場所を農園にリノベーションしました。
 
『まちなかの空き地を、地域の人がつながる「パーリー農園」に! 余さず活かす、リノベーションスクール@北九州のセルフリノベーションの現場に迫る!』
 
ここでパーリー建築に大きな感銘を受けた有田町の協力隊・佐々木と、同じく参加していた大町町の協力隊・橋本(通称はっしー)は、「お互いの地域で協力してリノベし合って、色んな人を巻き込もう!」とがっちり握手。
有田町では「中山陶和堂リノベーションプロジェクト」、大町町では「ナガヤノリノベーションプロジェクト」を始動しました。
 
・「中山陶和堂リノベーションプロジェクト」
・「ナガヤノリノベーションプロジェクト」
 
そして、あれから約11カ月の時を経て、私たちの師匠的存在であるパーリー建築の宮原翔太郎氏が有田町へ来てくれる事になりました!!
リノベーション案件は、先日シェアハウスとしてお披露目したばかりの『コネル』。このシェアアトリエ部分を、4日間かけて一気に作りあげます。
 
 
リノベーションや空き家活用に興味がある人、まちづくりに興味がある人は本当に本当に参加したほうがいいです。
また、九州圏内で【リノベーション】【空き家活用】をキーワードにしている地域おこし協力隊の皆さまにも是非研修先としておススメいたします。山ほどの技術と感覚を学べるチャンスです。
 
 
○Ultimate Self-Renovation Training ―究極のセルフリノベーション研修― in ARITA○
 
・日時:
①初日→7/11(火曜)
 9:30 集合&自己紹介@コネル
10:00~12:00 作業①
12:00~13:00 Lunch Break
13:00~14:00 宮原氏講演会@コネル
14:15~17:00 作業②
17:30~21:00 懇親会@ARITA PORCELAIN LAB旗艦店
 
②2日目→7/12(水曜)
9:30~12:00  集合&作業①
12:00~13:00 Lunch Break
13:00~17:00 作業②
 
③3日目→7/13(木曜)
9:30~12:00  集合&作業①
12:00~13:00 Lunch Break
13:00~17:00 作業②
 
④4日目→7/14(金曜)
9:30~12:00  集合&作業
12:00~ 終了&Lunch後、解散
 
ご覧のとおり、1日だけ来るなら初日がおススメです。
しかし2日目以降の方が、もっとみんなと仲良くはなれるかもです。
 
ちなみに、7/14(金曜)からはお隣の伊万里市で【リノベーションスクール@伊万里】が開催されます。これに参加する人は、ぜひぜひ前日までは有田に来てください。こちらは実践編でございます。
 
・持ち物:汚れてもいい服装、タオル、インパクトドライバー(持ってれば)
 
・参加費:無料
※7/11の懇親会に参加予定の方は、事前にその旨をお知らせください。
 
・保険など必要な方は各自で加入された上でご参加ください。
 
不明な点については、有田町地域おこし協力隊の佐々木までご連絡ください。
Phone 080-5092-9883
Mail motoyasusasaki@gmail.com
 
 
たくさんの方々の協力なしでは、アトリエリノベーションは達成できません。1日だけでも、1時間だけいいので、ぜひぜひお手伝いに来て下さい!お待ちしておりまーす!!!
 
主催:有田町地域おこし協力隊・佐々木
共催:大町町地域おこし協力隊・橋本、中山陶和堂

 

山本大臣、来コネル。

こんにちは!

先日6/18(月)に、山本幸三地方創生相がコネルを訪問されました。

 

まだ動き始めたばかりのシェアハウスを訪問先に選ばれたのは、驚きです。
(特に応募などはありませんでした)

 

コネルが抱くビジョン、ミッションや作ることになった背景など説明させて頂きました。真剣に聞いていただきました。

 

それにしても、取り囲む人たちの多さに驚きました…。

 

f:id:arita-renovation:20170619093835j:image

  

先日開催した「コネルオープンハウスフェスティバル」の様子もご覧頂きました。

 

f:id:arita-renovation:20170619093815j:image

 

なお、有田町内ではコネルのほかに、井上萬二窯、柿右衛門窯、そしてうつわ男子の取り組みを視察されたそうです。

 

www.saga-s.co.jp

 

新聞にはちゃっかりコネルの写真が載りました。

山本大臣の裏の窓が、実はコネルのロゴのモチーフだったりします。

   

そして、わたしの後頭部も掲載して頂きました。

若干、絶壁アタマであることがバレてしまいそうです。

 

 

ちなみに、この訪問のおかげで、また少しコネルの掃除が進みました(ラッキー!)。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました♪

有田焼タイル、素焼きされましたー!

こんにちは!

6/4に開催した「コネルオープンハウスフェスティバル」のイベントの1つ、『有田焼のタイルほりほりワークショップ』でみなさんに作っていただいた有田焼タイル。

 

「どうやって焼こう(お金がない)・・」と思っていたら(←計画性なし)、

なんと、上有田にある聡窯(そうよう)の辻さんが

「いまから素焼きするけん、持ってきてよかよー」

と声をかけてくれました!!!

f:id:arita-renovation:20170619093453j:image

 

辻さん、優しすぎる!!

 

f:id:arita-renovation:20170619093413j:image

 

わたしも恐る恐る、タイルを並べました。

立てて焼くんですね!

 

f:id:arita-renovation:20170619093428j:image

 

ね、素人とは思えない素敵なタイルでしょ?

ワークショップに参加したみなさん、本当にすごいですねえ!

 

f:id:arita-renovation:20170619093401j:image

 そんな感じで46枚の個性豊かな有田焼タイルたちを、素焼きしました。

出来上がりは、またのお楽しみに。

 

ちなみに、辻さんはコネルから徒歩5分くらいのところに工房を構えておられます。

さらに、JR上有田駅(明治時代から続く駅舎!)を活用した町おこしグループ『Arita Ceramic Railwayプロジェクト』のリーダーとして活躍されています。

arita-crp.com

 

辻さんたちと一緒に、これから上有田エリアを盛り上げていきます。

コネル同様に、『Arita Ceramic Railwayプロジェクト』もどうぞよろしくお願いしますー!

やっとできたよ押入れ通路

シェアハウスをつくるうえで、唯一行った破壊。

押入れを壊して、通路を作りました。

通称・押入れ通路。

 

ずっと壊しっぱなしで放置状態でしたが、ようやくつくりました。

 

f:id:arita-renovation:20170619093311j:image

また、橋本くんと。

 

 

壊れて剥きだしだった天井、鉄骨を、床貼りや天井貼りなどに使って余った木材を利用して貼りました。

段差はフローリング材をつかって、スロープにしました。

f:id:arita-renovation:20170619093253j:image

 

そして、天井と壁をペイントして、床を芝生でグリーンに。

佐賀大学の安武君と北島さんに手伝ってもらいました!やさしすぎ!!

f:id:arita-renovation:20170620134907j:image

 

なかなかいい感じに仕上がりました。

部屋としても使えそうなくらい、居心地もいい通路です。

 

あー、完成して良かった。。

 

まつりのその後~コネルオープンハウスフェスティバル

f:id:arita-renovation:20170619093148j:image

 

あれからもう2週間以上が経過してしまいました。

もはやいつもの景色に戻っております。

 

まったくレポートできていませんでしたが、

コネル オープンハウス フェスティバル

おかげ様で、とっても大盛況にて開催することができました!

出店者も含めまして、120名以上の皆さまにご来場いただきました。

 

 

とても素敵なムービーを作ってくれたのは、

有田に暮らす新進気鋭のクリエイター・中島紳一郎。

  

なにもかもが2~3倍増しに見えます。

佐々木もこころなしか実際より痩せてみえます。

 

さて、当日アンケートを取らせて頂きましたが、せっかくなので

ケチケチしないで、ここでフィードバックさせていただきます。

 

アンケート回収数は、65枚。

 

来場者のお住まいは、やや町内からの方が多いものの、町外からの方も多かったです。

f:id:arita-renovation:20170620130646p:plain

 

 

イベントを知ったツールとしては、「知人・友人」が最も多く、次いで「Facebook」でした。

f:id:arita-renovation:20170620130830p:plain

1 HP,  2 Facebook,  3 TV, 4 ラジオ, 5 新聞 6 チラシ, 7 友人・知人, 8 その他

 

 

興味があるのは何という質問には、「まちづくり」「リノベーション」「ワークショップ」「空き家の利用」「空き家の活用」という順でした。

f:id:arita-renovation:20170620131146p:plain

1 空き家の活用, 2 空き家の利用, 3 リノベーション, 4 まちづくり, 5 ワークショップ

「空き家の活用」を選択される方は、すなわち空き家オーナーということです。

この人たちが少しでも来てくれたことは本当にうれしく思います。

もっと数を増やせるように、頑張るぞー!

 

実施したイベント内容としては、いずれもそれなりに楽しんでいただけたかなという結果でした。

f:id:arita-renovation:20170620131400p:plain

1 見学会, 2 ワークショップ, 3 バザール, 4 その他(キッズスペースなど)

 

今後のイベントの参考になればと思います。

 

 

なお、コネルでの開催ではありませんが、地域おこし協力隊ささきが主催する映画の自主上映会についてイベント告知いたします。

 

f:id:arita-renovation:20170620132454j:plain

===自主上映会『スーパーローカルヒーロー』&トークセッション『尾道ローカルヒーローたちによるまちづくり』===
 
場所:ARITA PORCELEIN LAB 旗艦店(有田町上幸平1-11-3)
 ※駐車場は、陶山神社または有田商工会議所の駐車場をご利用ください。
・日程:2017年7月8日(土)
・開催時間:
 13:00開場
 13:30「スーパーローカルヒーロー」上映開始
 (10分休憩)
 15:15~16:45 トークセッション「尾道ローカルヒーローたちによるまちづくり」
 トークゲスト:田中トシノリ監督、竹本泰広、村上大樹、佐々木元康、and more..
 ファシリテーター:幸山昌生
・入場料:1,500円(チケット代、1ドリンク&お菓子付)
・主催:みんなのおさんぽ会、有田町地域おこし協力隊
・後援:ARITA PORCELEIN LAB
・チケットお問合せ:みんなのおさんぽ会 幸山 (TEL 090-5737-8172)、有田町地域おこし協力隊 佐々木(TEL 080-5092-9883) ※本ページへのコメントやメッセージでもお申込みを受け付けます。

**プロフィール**
■ 田中トシノリ(たなか としのり)
1981 年、広島県福山市生まれ。向島在住、映画作家福山大学非常勤講師、NPO法人iD尾道代表理事。イギリスへ留学しCavendish College Londonにて映像製作を学び、映画、ドラマ、CM、MV など製作。約3年間過ごした後、2011年11月に帰国広島県尾道市に移住。長編ドキュメンタリー映画『スーパーローカルヒーロー』(2014)製作・ 監督し、第30回ワルシャワ国際映画祭(ポーランド)出品、カメラジャパンフェスティバル2014(オランダ)オフィシャルセレクションなど、国内外での 上映が続いている。

村上大樹(むらかみ だいき)
因島在住、1975年生まれ。
2013年秋、東京から因島に移住。自身のうんちを発酵させ、自分の写真付きでパッケージングした限定作品「村上大樹のうんち肥料」を四万円で完売する。廃材などを利用して改装費0円で空き家を再生させる。このチイサイカイシャ基地にて展示や音楽イベント、ワークショップなどを主催。
2014年冬、書籍「アナーキストの楽しい社会研究」を刊行。その発売記念イベントの一環で、20時間耐久ライブペイントを取り壊される直前の建物の壁一面に描く。
2015年春、イギリスのストークオントレントの展覧会にて架空の都市<フリータウン>の市長選に立候補するパフォーマンスを行い、地元紙の紙面を飾る。
2016年 書籍「原子の言葉」を刊行。その原画展として全国7カ所を横断する展覧会ツアーを開催する。うんちが土に分解される新しいバイオトイレ「せいめいのといれ」という体験型アートトイレの展覧会を開催。

■ 竹本泰広(たけもと やすひろ)
よろずクリエイター。フィリピン環境NGO 「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク」日本事務局長。大阪府生まれ、広島県尾道市向島在住。
発想と創意工夫で暮らしを楽しみ、 ゆたかさを生み出すあたらしい生き方が話題を呼んでいる尾道のよろずクリエイター。廃材を活かした手作りの暮らしを提案、リサイクルを楽しくデザインする。
また、フィリピンの環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク」日本支部局長でもある。フィリピン山岳地方の環境保全先住民族の暮らしの向上を目的として活動する団体の日本側の窓口をも担う。現地で森林保全のため植林されたフェアトレードコーヒーの自家焙煎・販売も活動のひとつ。
3.11より災害支援活動もライフワークとし、被災者移住支援、保養受け入れ、昨年は熊本地震被災者支援にも尽力。
ほか、尾道で制作された映画「スーパーローカルヒーロー」の製作を担当、ご当地音楽集団「ほにゃらら楽団」のメンバーでもあり、多彩な才能を発揮。製作したユニークな手製の遊具や掲示板も地域の子ども施設に好評中の、子どもたちを楽しく育む二児の父親でもある。
ウェブマガジン「モンスター」にて移住生活エッセイ「やすくんの入口出口」を連載中。

■ 幸山昌生(こうやま まさお)
通称チャオミン。1960年、佐賀県有田町出身。シェアリングネイチャーインストラクター、書き手。現在は 熊本(八代)と佐賀(武雄温泉)の二拠点暮らし。パートナーはあるもの暮らし、雑草をままごとのように調理する「我が家の自給率アップ塾」講師。
八代にあるコミュニティビレッジハウス山暮らしカフェ代表。毎月第一土日にむらびらき開催。出店者をむらびと訪問者をたびびとと呼び、家の中での小さなマルシェ。オカネだけではなく、モノやスキルや時空間のシェアや交換も行っている。
また、武雄にあるエコハウスおもやはマチナカにある5アンペア暮らしの家。昭和スタイルの暮らしを実際に体験できる。四畳半美術館、縁側カフェがある。滞在制作可能な家。
熊本地震発生直後から、お茶道具を携えて避難所、路上、仮設住宅等で「一服一銭お茶のじかん」を開いている。
九州森のようちえんのつどい代表。自然に寄り添う暮らしを具現化している「森のようちえん」を広める活動を行なっている。「はじめての森のようちえん」「みんなのおさんぽ会」など。

■ 佐々木元康(ささき もとやす)
1983年佐賀県有田町生まれ。
早稲田大学大学院を卒業後、2008年に大正製薬入社。分析研究室で医療用医薬品の新規開発に携わる。一方、ライフワークとしてボランティア活動にのめり込み、海外でカンボジアで、国内では新潟県十日町市宮城県三陸町で教育支援や復興援助を行う。2015年夏、地域おこし協力隊として、妻子と共に故郷の有田町へ移住。2017年6月に、有田でまちづくりを志す若者がつくって暮らせるシェアハウス&シェアアトリエ「コネル」をオープンした。