読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山陶和堂リノベーションプロジェクト

佐賀県有田町にある焼き物屋さん『中山陶和堂』をリノベーションしていく素人集団の珍道中を綴ります。

やっぱり人ですよね

ご無沙汰しております。

一部の友人達に、有田を掻き回した、と噂されているケンちゃんです。

(そんなつもりはまったくありません。)

有田の友人達の活躍をSNSなどで見ていて、有田が恋しくなる今日この頃です。

 

f:id:arita-renovation:20161129211216j:plain

 

私はといいますと、ただ今、パーリー建築のリーダーの現在の住処、茨城県常陸太田市に夫婦で滞在しております。

 

そう、私は今、茨城で有田のことを思っているのです。

茨城の前は奈良で。

その前は岡山で。

そしてその前は鳥取で。

有田のことを思い出しておりました。

 

有田のこと。

特に有田にいる友人達のことを考えます。

Facebook等から友人たちの頑張りを見ていて、とても元気づけられます。

みんな、みんな頑張っていて、とても、とても嬉しいです。

 

僕は、色々な場所で、友人達と会っているといつも思います。

みんな、みんな、人と真剣に向き合っている、と。

すべては人。

人が一番難しい。

もどかしい。

けど。

そうだけれども。

人と真剣に向き合っていきたい。

僕の友人達はそんな人達ばかり。

そんな友人達を持つ僕はとても幸せものなのです。

 

さて、ここ中山陶和堂では佐々木くんが、とても素敵な場所を創っています。

人が住むただの箱を作るわけじゃない。

素敵な場所にするため、中山陶和堂の中山さんと、有田のみんなと創り上げる。

 

f:id:arita-renovation:20161129211432j:plain

 

僕は思う。

中山さんの存在はとても大事、だと。

 

中山さんなしではこのプロジェクトはありえない。

シェアハウス、と一言で言っても、どんな場所になるのか明確に想像がつかない中、場所を提供してくれる。

そんな人はあんまりいない。

色々な場所に行きまくってる僕が言う。

ほんまにいない。

 

そして、僕は、中山さんと色々話をして確信した。

こんなオーナーさんと一緒なら絶対に素敵な場所になる、と。

佐々木君がとても、とてもうらやましい。

 

僕は佐々木君なら素敵な場所が創れると信じている。

なんかね。

佐々木君は、助けたい、って思える人だから。

中山さんに助けられ、有田の人に助けられ、色々な人に助けられて、この場所が完成して行く。

 

「1番最初に泊まってくれ!」

 

この言葉を僕は本気で受け取ってるよw

 

今から泊まりに行くのが楽しみでしょうがないわ!!

 

f:id:arita-renovation:20161129211605j:plain